エースblogページ

教員採用でTOEIC優遇


 ●2017年3月-英会話ブログ【教員採用でTOEIC優遇】

小学校教員の採用で、34の教育委員会が英語力で優遇措置を取ることを表明しました。
読売新聞 3/26(日) 6:09配信より

2016年度の「小学校教員の採用試験」で、英検(実用英語技能検定) や英語試験のTOEICテストなどの外部英語検定で 一定の得点を獲得した教員試験の受験者に対して、加点する優遇措置を取った教育委員会は、 全国68都道府県政令都市のうちで、34教育委員会に上ることが文部科学省の調査でわかりました。

12教育委員会では、今年度から優遇制度を導入しました。 2020年度に小学校の英語が教科化されることを前に、英語力の高い教員の獲得を本格化させています。 調査は、教員採用を行う47都道府県と、20政令都市・1地区を対象に教員採用試験の実施方法などを尋ねたものです。 福島県、静岡県、大阪府、長崎県など26教委は、英検やTOEICテストなどの結果が一定水準の受験者に対して 1次試験や、2次試験で加点を行ったとの情報です。加点では、2点から30点までと教委によって幅があった。

この状況に伴い、将来教員を目指す人は、英語の資格試験を事前に受験して 一定の点数を獲得することが必要になると考えられます。 さらに、教職課程を行う大学においては、英語の授業のなかで、 本格的なTOEICや英検などの外部英語試験の対策を取り入れることが迫られています。

エースでは、以前より、学校の教員資格を目指す方々のための「短期英語資格取得コース」や、 「英語合宿」を開催して、これら受験の事前対策を啓蒙してきました。 教育現場での国際化に伴い、今後も外部の英語資格試験への取り組みは ますます重要になってくるものと予想しています。

広島市と近郊に在住の大学生の皆さま、ぜひ、エースの英語資格取得コースをご利用下さい。

レッスン
※小学校の授業風景イメージ
ブログ担当 甲斐輪 栄美(広島スタッフ)

このページの先頭へ