エースblogページ

She sells seashells by the seashore-彼女は海岸で貝殻を売る


 ●2015年2月-英会話ブログ【英語学習】

正しく発音できますか?

Sea[si?]の発音とShe[? i?]の発音の区別を意識して発音すると、なかなか苦労する早口言葉(Tongue twister)です。 カタカナ表記すると「シー」ですが、発音記号で表記すると前述のように[si?]と [? i?]が含まれ、2種類の「シー」を区別して発音する必要があります。発音記号で表記すると次のようになります。 [?i] [selz] [si?elz][b??][d?][si??] seaとsheの発音が、区別できていない、分かっていてもうまくできないという方は結構いらっしゃるようです。

舌のつけかたと空気の出し方がポイントです。 Sheの[?]の音は、「静かに」という意思を伝えるため「しー」と言いますが、同じ要領で発音します。ポイントは、舌が口の上部に触れないように「シー」と発音することです。 一方、seaの[s]の音は、どちらかというと「スー」という音になります。前歯を上下合わせ、舌を歯茎から口の上方部のあたりにくっつけるようにし、そのまま息を吐くと前歯の隙間から空気の漏れる音がします。この音が[s]の音です。日本語の「スー」と言わないように気をつけて!

英語には日本語にはない音がたくさんあります。このことが「聞く」障害になったり、「話す」時に苦労する原因と言えますが、逆に考えると、このことを克服するとリスニング力の向上が期待できますし、きれいな発音を身に付けることにもなりそうですね! また、日本語にない音を発音するため、普段は使わない口周りの筋肉を使うことになります。初めは難しいですし、練習を重ねると初めのうちは疲れてしまいますが、この口周りの筋肉の筋トレを続けていると英語の発音がきれいにできるようになると同時に、顔の周りのシェイプアップ効果も期待できたりして一石二鳥です(笑) 今日から、お風呂の時間に早口言葉にトライ!ですね。

英会話の学習相談希望の方、気軽にお尋ね下さい。

ブログ担当 甲斐輪 栄美(広島スタッフ)

このページの先頭へ