エースblogページ

英文法をマスターしよう


 ●2015年6月-英会話ブログ【英語学習】

英語・英会話の表現では、英単語力と、それを組みたてて文章にする基礎となる「英文法力」が必要であることはまちがいありません。 高校の英語学習でも、英文法はグラマーとして授業が毎週行われています。

外国旅行などでの簡単な会話シーンでは、単語を並べるだけでも、自分の意志を最低限相手に伝えることは可能ですが、 細かな内容や指示、例えば、「誰が、誰に、何を、いつ、どうするか」などの内容をはっきりと正確に伝えることは相当に困難です。

英語の基礎である「英文法」をおろそかにすると正確なコミュニケーシォンは不可能です。 特に、英作文ライティングと、意味をしっかり伝える必要のあるアカデミック・イングリッシュ(学問的な英会話)では、英文法はかかせません。 英語のプロといえるレベルの翻訳家でも、英語の文法を常に意識しながら構文を組み立てています。 さて、項目別の英文法の内容は、時制の一致、受動態(受け身)、分詞構文、進行形と完了形など広範囲になります。 しかし、英文法は「5文型」が基礎とされるので、それを最初にしっかりマスターして、そこから英語の理解を深めて、 学習の奥行きを広げていけば比較的短期間に英文法のマスターが可能になります。 語学の取得は学習の「継続と反復」です。ネバーギブアップの気概でがんばりましょう。
英語教室

英会話の学習相談ご希望の方、気軽にお尋ね下さい。

ブログ担当 甲斐輪 栄美(広島スタッフ)

このページの先頭へ