エースblogページ

安倍総理の英語演説のテレビ中継


 ●2015年7月-英会話ブログ【英語学習】

4月30日に安倍首相が、日本の総理大臣として初めてアメリカ合衆国議会上下両院の会議で演説をしました。

これをテレビの中継でご覧になった方は多いと思います。この日の深夜、ドキドキしながら演説を聞いたのは私だけではないでしょう。 アメリカの議会で、アメリカを代表する議員を前にして日本の総理大臣が50分にも渡って英語の演説をしたことは歴史的な出来事で快挙といえるでしょう。 アメリカ議員の方々が何回もスタンディングオベーションを行なったのは、印象に残るシーンでした。(皆さん、立ったり座ったりが大変そうでした)
アメリカの方々を前にして、さらにテレビカメラが入り、議会の真ん中で英語プレゼンテーションをすることは大変なことだと思います。 事前に原稿を何度も読み返し重要な部分を暗記して、表現に強弱をいれて笑顔を絶やさないように話す。 発音が難しい単語は繰り返して練習して、自分が納得できるまで万全の用意をしても、人前で百パーセントの力を出すことは難しいものです。 後世までデジタル映像が残る一発勝負の世界配信なので、演説慣れした総理大臣といえども最初は緊張されていたようです。 安倍首相の読み上げた原稿は、日本の官僚によって作られたでしょうし、日本人翻訳者が正確に翻訳して、英会話のプロが付いて発音を指導し、 さらにアメリカ人のプレゼンテーション・コーデイネーターが演説の時の動作や所作まで指導したと思います。ひょっとしたら、 アメリカ議会と同じセットをどこかに作って予行演習をされたのかもしれません。
まあ、どのようであれ英語の勉強を長期間続けないと、英語の演説をするのは簡単ではありません。 将来、政治家を目指す皆さんも、そうでない皆さんも、今から英会話の学習を始めましょう。

日本の総理大臣

英会話の学習相談ご希望の方は、気軽にお尋ね下さい。

ブログ担当 甲斐輪 栄美(広島スタッフ)

このページの先頭へ