エースblogページ

ポインセチア


 ●2015年12月-英会話ブログ【広島の英語学習】

ポインセチアはクリスマスに活躍する花ですね。いよいよ10月のハロウィン、11月のえびす講も終わり、 広島の街並もクリスマスのイルミネーションに彩られています。 クリスマスに一足早くポインセチアの贈り物をいただきました。 こちらは何とも思っていなかったのですが、親切に対するお礼の気持ちだということでありがたく頂戴しました。

このプレゼントを下さった相手がアメリカ人だったので「Poinsettia」の発音を聞いてみました。植物の名前など、 カタカナ表記のものは発音を聞くと案外知らない言葉も多いので確認してみたくなったのです。 「poin・set?」と発音するそうです。 そんなことを話していると、ポインセチアにまつわるお話について彼女が話してくれました。それは以下の通りです。

あるところに、たいへん貧しい少年がいました。彼は食べるものにも寝るところにも困っている、 今で言えばホームレス状態でしたが、ある時キリスト様に助けられました。 少年はたいへん貧しかったので、感謝の気持ちを伝えるために、 道端に生えている草を鉢に植え替えてキリスト様に渡したのだそうです。 するとどうでしょう!その特別なものではないその葉が、キリストに渡した途端に美しい赤色に変わったのでした! という何とも心温まるクリスマスのストーリですね。

このお話をインターネットでも検索できるかと試してみましたが、見つけることはできませんでした。 突っ込んで聞かなかったけど、もしかしたら宗派によって伝わるお話が違ったり、 地域的に独自の言い伝えがあるのかもしれませんね。

英会話の「勉強」となると後ろ向きな気持ちになる様々なことがあるかもしれませんが、こういう異文化交流は「勉強」に付随する副産物と言えるかもしれませんね。

楽しく英会話、さあ始めましょう!「メリークリスマス」

ポインセチア

ブログ担当 甲斐輪 栄美(広島スタッフ)

このページの先頭へ