エースTOEFLコースで学ばれて広島駅前テストセンターで受験した村上さんに、TOEFL試験の模様をレポートして頂きました。前編よりの続きです。

TOEFL iBT 広島受験レポート=後編

TOEFLテスト会場ビルの1階表示

入り口

TOEFL iBTテストのスケジュール表

◎受験当日のテスト時間割
リーデイング、リスニング、スピーキング、ライテイングの時間割と、村上さんのTOEFLセクション別の目標点の表

スケジュール

1.TOEFL Reading Test
リーデイング試験も、マイクテストからの開始でした。問題は700語レベル長文問題が3題、それぞれ14問ずつ。 時間配分として、1題が20分なので受験時間の意識が必要です。この日の問題は「文系2題と理系1題」で難しくはなく、 時間内に解くことができました。 前回の受験の時は途中で時間切れになったのですが、今回は準備した甲斐があって余裕を持って終わりました。 画面のカーソルを下迄持っていかないと次に進めないので注意が必要です。 時間内なら前の問題に戻ることができました。
◎村上さんからのアドバイス
・解答中、メモを取れます
・制限時間内は、特定問題をスキップして後で解答できます
・解答済or未解答を確認できるReview機能があります
・知らない学科単語があっても推測仮定で理解は可能です

2.TOEFL Listening Test
リスニング試験は、キャンパス会話問題と、教授の講義を聴いて答える問題で、 会話問題2題と講義問題1題の合計3題×3セットが出題されました。 当日は、しっかり聴きとれポイントを押さえられたので難なく解答を見つけることができました。 右上表示の「OK」→「NEXT」をクリックすると次の問題へと進みます。一旦先に進むと戻れないので注意が必要です。 解答する時間は1セットが10分で、クリックして解答に要した時間だけが進むという仕組みです。 問題を聴いている時間はこれに含まれません。
◎村上さんからのアドバイス
・聞いている最中に、メモを取れます
・聞いている最中は、設問や選択肢の先読みができません
・一度解答すると後で解答し直せませんので気を付けて
・会話など一部再生されて内容について問う問題があります

3.休 憩
リスニングテストの後で、10分間の休憩時間があります。試験会場内で休憩する人がいましたが、 私は室外の待合いへ出て持参した飲み物とチョコレートを食べて休憩をとりました。 休憩時間中は、どのような場合であっても外部とスマホ携帯での連絡は許可されません。 試験会場に戻る時は、また一連の金属探知機を使った検査がありました。
◎村上さんからのアドバイス
・再入室時には、念のためにメモ用紙を追加でもらえます
・Second Half(後半)頑張れば高得点に届きます。最後迄粘りましょう

4.TOEFL Speaking Teat
スピーキング試験の前に、ヘッドホンテストがありました。ここで、マイクの位置をしっかりと調節しました。 スピーキング試験は、ETS公表のように6問題のパターンがあります。エースの事前学習で、発話シュミレーターを使って何度も練習してきました。 第1問目は「尊敬する人」、第2問目は「大学の単位制度」とテーマは続き、第5、第6題目はレクチャー問題に進みました。 「進化論」と「米国開拓史」についてでした。 「スピーキング問題は自分の意見が求められるので難しいと」という受験者の話を聞いたことがありますが、エースで習った 「自分の意見を答えるのではなく、採点者に訴えやすく、高得点に結びつく内容と表現による文章を展開すること」という 教えに従って及第点を心掛けました。
◎村上さんからのアドバイス
・Question3~6:Reading+Listeningの時にメモを取れます
・Question3,4:Listening+Speakingの時に、Reading Passageは画面上にでません
・話すスピードはムラがないように。最後まで話し抜くと高得点が出ます

5.TOEFL Writing Test
最後のライテイング試験は、少し疲れが出ましたが、ラストスパートの気持ちで乗り切りました。 第1問は、Integrated=総合問題です。学問的な内容の記事を読み、それに対するレクチャーを聴いて150~225字で内容をまとめる問題です。 文章のストラクチャーを組み立てながら、R=60wd、L=130wd Total=190wd でコンサイスにまとめました。
第2問は、Independent=独立問題です。自分の意見を書く問題ですが、AD/PR/EX/MAの4カテゴリーから出題されており、ADを予想していました。 この日の課題は「技術は平和に貢献するか/AD」でヒット。しっかりと I=60wd、(B1・B2・B3)=210wd、C=40wd Total=310wd 以上で書くことを意識しました。エースの講師からは長い文章で書く方が点数(E-Rate)は上がると聞いていましたが、私の実力ではこれで精一杯、 そのためかこのセクションは20点でした。
◎村上さんからのアドバイス
・画面上に語数が表示されます
・Question1:Reading+Listeningの時にメモを取ることができます。このWritingの時には、Reading Passageは画面上に表示されます
・Question2:語数を400字以上時間内に書けるとE-Rateで高得点が出ます
・エースで学んだテンプレートをよりどころにタイプを打ち続けました(笑)

今回、私は80点が目標だったので、この点数レベルに充分に対応できるエースのTOEFL解法での学習内容に頼りましたが、 目標点が100点の受験者は、相当の総合力を付けないと達成が難しいと講師から助言されました。 95点以上はスコア・ランク※の難易度が高くなるために、このゾーンは1点刻みでも点数を上げることが難しいという所見でした。

ところで、PCのキー配列が私の(日本製)パソコンと違うのには戸惑いました。 qwerty 配列なので、慣れておく必要があります。「アポストロフィー」の位置などが違うので、焦りました。 TOEFL iBT を受験する人はパソコン操作の技術が必要なので練習しましょう。タイピングが苦手な人はIELTS受験に切り替えた方が良いと思います。

パソコンキー

TOEFL iBTの近年の得点難易度状況

TOEFL iBTのスコアが2016年より伸びにくくなっているという話を聞きました。 これはCEFR規格(ヨーロッパ言語共通参照規程)が全ての英語検定に実施された影響らしく、 2016年は、TOEICテストや英検の合否判定(英検CSE方式)などもCEFRの影響を受けて 採点方式が見直された年でもあり、英語試験の難易度が全般的に増しているとのことでした。

さらに、2015年にイギリスで起きたTOEFL不正受験によってカンニング対策が強化された後に採点が厳格化されたとのことです。 その影響から、イギリス文部省と入国管理局は、現在のところTOEFL iBTをイギリスの査証申請検定資格として認定していません。 そういう事情により、英国留学を目標とする方は必ずIELTSを受検する必要があります。


>>【広島】TOEFL iBT 受験前のアドバイス=前編 >>


エースお知らせ


このページの先頭へ