英会話を習得して英語資格を取得

英語の「読む・書く・聞く・話す」が重要です

「英語が話せればいい」という時代から「正しい英語を身につける」時代へと教育へのニーズが進化しています。 英語の発音、文法力、語彙力をAIが簡単に判定する今、本物の英語力を持つ人物が社会で望まれています。 個人の英語力は、いつでも受験ができるTOEFL・IELTS・英検・TOEICの検定レベルで示すことが就職や進学で常識となりました。 仕事や学業が忙しい方、英語学校への通学が困難な方、英語を基礎から学びたい方にエースの高いクオリティの英会話授業を提供します。 多くの方が学ばれるこのコースをぜひご利用下さい。

オンライン英会話コース受講体験

実際の教室で学ぶのと同じ感覚の授業

岡山の留学生

●稔成萌乃さん(岡山県より参加)
入会時TOEFL iBT-42→8ヶ月→TOEFL iBT-81
目的:大学の留学制度で カリフォルニア州立大学に派遣留学

私は岡山市の郊外、津山線沿線の町に住んでいるので、近くにTOEFLを学べる英語学校がありません。 大学の留学交流プログラムで、アメリカの大学への留学を目指していたので、参加条件のTOEFLのスコアが必要でした。 大学入学時から独学でTOEFLの勉強をしましたが、①効果的な勉強方法が分からない ②学修の進捗状況が分からない、③TOEFLの勉強に多くの時間がかけられない、 などで悩んでいました。そこで、多くのオンラインTOEFLコースの体験授業を受けることにしました。 「楽しいレッスンのスクール」「会話が弾むフィリピン人講師のスクール」「ベルリッツやNOVAなどマンツーマン英会話」など、どれも良かったのですが、 エースのネット授業が自身のTOEFLスコアを伸ばすのに最適だと判断できたので入会しました。 エースの授業は、毎週TOEFLの4セクション全てを学べました。教え方が丁寧で、リスニングの音源がクリア、ライテイングやスピーキングの説明が明瞭で、 ネイテイブがテンポ良く教えてくれました。日本人カウンセラーも親切で、英単語を覚えるコツや英語の勉強方法、高得点を取るコツなどの相談に乗ってくれました。 私のパソコンは、マイクとスピーカーが付属していて、先生のリアルな声がしっかり届いたので、教室で受講するのと同じ感覚で授業を受けられました。 英文エッセイの採点もしてもらえたので英作文のコツが分かりスコアが順調に伸びました。近くに良い英語学校が見あたらない方は利用されると良いと思います。


自宅で受けられるので便利な英語教室です
●藤井麻美さん(大分県より参加)
入会時 IELTS 4.0→6ヶ月後→IELTS 6.0/TOEFL75
目的:シドニー TAFE(テイフ)カレッジ デザイン学科へ私費留学

オーストラリアのTAFEカレッジのデザインコースに留学するためにエースのオンライン英語コースで学びました。 エースを選んだ大きな理由は、①TOEFLとIELTSが同時に学べること ②授業料が手頃なこと ③英語の学習サポートが充実していること ④集中的に学べて短期でスコアUPが可能 という理由によるものでした。 火曜日から土曜日まで、毎晩2レッスンずつクラスを取りました。火曜日と木曜日はTOEFL、水曜日と金曜日はIELTS、土曜日は文法クラスに入ったので、週当たり10レッスン、 1ヶ月40レッスンというハードなクラスで、まるで英語の合宿のようでした。昼間は留学の資金を貯めるためにアルバイトをしながら夜はエースのオンラインで勉強する生活を5ヶ月送りましたでした。 目標のTAFEは州立の専門職業カレッジで、多種多様の国家資格を取得できるコースが開設されているので有名です。オーストラリアの国の定める資格(Diploma, National Certificate)に合格して 一定の労働経験を積んで、現地スポンサーがあればオーストラリアで働くことができることから多くの留学生が学んでいます。 TAFEデザインコースは入学条件が TOEFL62 or IELTS6.0 だったので、自分に取り組みやすい方のテストでスコアメークするつもりで勉強しました。 庚午に模擬テストを受ける毎に点数が上がったので励みになりました。エースのオンライン英語コースで良かったことは、宿題の採点や模擬試験があったこと、 悪かったことは、時々受信状態が悪くて声と映像が安定しなくてストレスを感じたことです。トータルでは、レッスンの内容と先生が素晴らしかったので満足しています。 これから留学を予定される方にお勧めします。

国際英語資格の有用性について

■英語・英会話の大学やカレッジ一般教養試験
■海外の大学・大学院入学資格
■国連・ユニセフなど国際機関勤務資格
■アメリカ・英国連邦国の査証申請英語証明
■英語能力国際基準、米国NASA英語能力基準
■AO試験、帰国子女大学受験の大学受験資格
■米国国務省規定の交換留学制度英語基準
■海外医師・看護師資格試験の英語受験基準
■英会話講師・通訳・翻訳家の英語能力証明
■公務員採用時の参照英語資格

このページの先頭へ